Blog Posts

7月のTokyo Weekender(英語のフリーペーパー)に掲載された “A shut Door: ‘Japanese Hip-Hop Has Sectioned Itself Off”(「閉ざされた扉:日本のヒップホップは孤立してしまった」)

がオンラインでも掲載され、予想していた以上に注目を浴びた。これがきっかけで、BBCとも話をすることができた。西洋の影響を日本というフィルターで濾して、日本人の「外国人恐怖症」と「多文化主義に対する批判」がどのように広がってきたかについて、この記事で浮き彫りにさせたいと思う。窓やドア、換気口の隙間をテープで止めても砂が入ってきてしまうような砂嵐のように、この話は避けて通れない。 書くことを通して、僕の関心はいつも、調べて、理解して、人を映し出すことであって、決して読む人の道徳心(倫理観)を動かすためではない。しかし、日本に住んでいる以上そうせざるを得ないことも確かだ。砂を全部吸い取れるような大きな掃除機じゃない、そんな感じだ。  「”A Shut Door” 閉ざされた扉」は当初、東京に住む外国人でヒップホップの中心人物たちに感謝を込めて書いたものだった。彼らは自分たちの文化を代表して、全力を捧げている。彼らがシーンを作り上げるモチベーションとなっているのは、彼らを形成した音楽の本質を日本に持ち入れ、それを伝えることだと語ってくれた。インタビューをしたラッパーのShad ADやCal Combs、ダンサーのBrooklyn Terryは、日本のヒップホップカルチャーから疎外されていると感じていると言う。貧困や暴行、ドラッグなどから多くを救い、権利を奪われた者に権利を与え、人種差別と闘ってきたアフリカン・アメリカンの文化が、なぜその文化で育ってきた、まさにその人たちを排除するような民営化思考になってしまったのだろう?  レジェンドダンサー・振付師のBrooklyn Terryは、マライヤ・キャリーやウィル・スミス等のバックダンサーとしてツアーを周っていた。そのため90年代ごろから日本のこともよく知っている。10年以上日本に住んでいるが、日本の島国根性の鋭さは鈍ってこないようだ。「日本に住んでいて一番大変なのは『文化』。ダンサーとして、ダンスの世界・ダンスシーンをこの国で築き上げるのを助けてきたはずだったけれど、関わる人たちはダンスで養い、お金儲けをする・・・。日本で「ヒップホップ」と思われるイベントに行くたびに、自分は完全に部外者のような気がしてしまう。そんな気持ちになったことはなかった。」とTerryは言う。 ここでは、黒人は「こわい」と思われているようだ。だが、黒人のアーティスティックな美学は人気が(評価が)高く、儲かる商売になる。言ってみれば、地球の大気がこわれた非常時に重宝される、瓶詰の空気のようだ。日本でもアメリカのように、黒人の文化を取り入れたいが黒人自体は不要とされる(宣伝用として、黒人文化の信ぴょう性を保つために使われる以外は)。ネット動画がヒップホップを取り入れることを可能にしたこともあってか、ヒップホップの原点である人種的な意味合いが無視されてしまっている。 ―――― 詩に出てくる言葉等関する説明 ――― Invention’s mother are plumbs of color exploding out of the darkness Like slaves freestyling Biblical verses to see

Continue Reading

On Speakeasy Tyo at RIDE featuring Marley Marl

Speakeasy is a monthly dance party that’s been going for five years. Its a mobile event held in some of Tokyo’s most unlikely venues. Places like Sasazuka Bowl, Hotel Koe

Continue Reading

Site Footer

A Farmer Jones Production